ブログ一覧

首の痛み  Salon Ciel.Chiba

こんにちは! Salon Ciel.Chibaの藤田です。

今日は首の痛みや詰まりについてです。

当店の整体を予約される多くの方が首、肩こりで辛い思いをしています。

首が痛くなってしまう原因は姿勢の悪さがほとんどです。むち打ちなど外部からの衝撃で首などの筋肉に大きな負担がかかることでの痛みはごく一部の方だけです。

原因を探す前に首の動きについて考えてみましょう。

首の動きは3つの動きが複合しています。

1.屈曲、伸展

下を向いたり、上を向いたりです

2.側屈

首をかしげる動きです

3.回旋

右を向いたり、左を向いたり

この3つの動きが複合されて、いろいろな動きが出来るようになっています。

ある動き、例えば右を向いたときが痛くて左を向いたときは痛くないとか、下を向いたときに痛くて上は平気とか、人それぞれ症状は違いますが痛いのはその動きに関与している筋肉の緊張がほとんどです。

ではその筋肉はなぜ緊張してしまったのでしょう。

同じ姿勢で何時間も仕事していたり、勉強していたり、ゲームかも知れません。

そう、同じ姿勢で身体をじーっとして体を動かさないと筋肉は緊張してしまうのです。

同じ姿勢でいると体はどんどん固まっていきます。 寝違えなども同じです。

 

骨の話になりますが、頭蓋骨の下は首の骨(頸椎)、その下が背中の骨(胸椎)、その下が腰の骨(腰椎)、その下が骨盤と繋がる骨(仙椎)と名称は違いますが、全部一つに繋がっているのはご存じでしょう。

普段は背骨と言っている骨は重力に耐えたりジャンプに耐えたり出来るよう湾曲しています。

これを生理湾曲といいますが、横から見るとS字カーブを描いています。

真後ろからみてS字を描いていたら側弯症となります。正常だとほぼ真っすぐです。

背骨は正常だと真横から見たときはきれいなS字を描いています。

極端な反り腰や背中がまるまる円背も日頃の悪い姿勢からバランスを取るためにそうなってしまっている場合が多いです。

首の話に戻りますが、首の筋肉もバランスが悪いと片方だけ使いっぱなしの状態になったりします。ですが首の筋肉の緊張だけ取って痛みが和らいでも、背骨がちゃんと動ける状態でないとすぐに痛み出します。首、背中、腰と場所は違いますが、首から仙骨までは繋がっていますから部分的に良くしてもダメなことはわかると思います。

まず首の痛みを解消する前に背中の動きを作ってあげないといけないわけです。

Salon Ciel.Chibaの整体は全身を繋げていくキネマティックチェーンも使っていきます。体がバラバラな状態だと、その代償としてどこかに負担がかかり犠牲となった所が痛み出すわけです。

体の筋肉がお互いに助け合いバランスよく使っていれば、部分的な不調は無くなっていきます。

なのでまずは背骨の動きをちゃんと作ってから、首の緊張を取りたいですね。

背骨も首と同じ、屈曲、伸展、側屈、回旋の動きをしますから、日頃から背骨の体操をしたあと体を繋げておけば不調知らずになると思います。

Salon Ciel.Chibaでは、自宅での簡単な運動もお伝えしていますので、自宅メンテナンスで使っていただいております。

自分で改善出来ない不調でお困りなら、当店の整体をオススメします。

当店の整体料金は、他店様と比べて低価格にしてありますので、気になる方はどうぞご連絡ください。

ホットペッパービューティーでも予約出来ますのでどうぞご利用ください。

今回は首の話でしたが、腰や股関節、膝でも同じことが起きていますから、体の繋がりは大切ですよ。

広々としたプライベートサロンで心身ともにリフレッシュ!
広々としたプライベートサロンで心身ともにリフレッシュ!